chocolatemacallan’s blog

イギリス英語が3か月で身につく方法

アクセント(方言)について


The English Language In 24 Accents

イギリス英語って言っても、実は物凄い数があるのをご存じでしょうか。

 

日本語の中にも標準語もあれば、関西弁、九州弁、東北弁、とかいろいろあって、関西や九州の中でも各県や地方で言葉が違うと思います。

 

それと同じでイギリス英語の中にも物凄い数のイギリス英語(English accent)があるのをご存じでしょうか?

 

この違いについて記載のある英語学習本が本当に少ないと思います。この違いがあることを知らなければ、いつまでたっても自分は英語ができないと勘違いしてしまう可能性があります。

 

どの地方のアクセントが良いかは、皆さんの好きな俳優の発音を真似たらよいと思いますし、結局好みの問題かと思います。

 

さて、どれくらい違うのかというと、イギリス人同士でも本当に相手の言っていることが分からないほどです。

 

つまり、相手がなんて言っているか聞き取れない!

英語が母国語の彼らですら、アクセントが違うだけで(イントネーションや発音)まったく通じなくなってしまう程です。

 

特にスコットランンドやリバプールバーミンガムは激ムズのイメージです。

スコットランド出身の大学生が飲み会でむちゃくちゃ酔っ払ったときに、突然ブチ切れてこう叫んでいました。

「どうして俺のいう事を皆〇※◆×☆%@!!!!!!!!!!」

僕が日本人だから分からないのではなく、イングランド出身のイギリス人たちも???ってなってました。

日常的になんて言っているか分かってもらえなくてストレスが溜まってたみたいです。

 

なので、僕たち日本人洋画をみて全然理解できなくてもへこまないようにしましょう。

アクセントは慣れなので、いろんなアクセントがあることに気が付ければ、段々と聞き取れるようになります。

 

私はよくヨークシャーアクセントと言われましたが、自分ではBBCに出てくるような、皆さんのイメージするイギリス英語だと思ってます。

 

とっても面白い動画があったので貼り付けますね。

一人でいろんなEnglish accentを使い分ける人の動画です。ご参考までに。

かなり汚い言葉も使ってますが、お許しください。